Home > お知らせ

お知らせ

ジェラートの聖地へ その4

  • 2019-03-17 (日)
  • お知らせ
  • 作成者:ハッピネスデーリィ

CIMG0468ジェラート博物館とGerato Universityに隣接するジエラートショップ訪問!

全てのジェラートが朝から作られておりスタッフは日本の女性の方で、Universityでは指導もされています。色取りも考慮して次々とジェラートが作られていました。価格も安い!!

札幌、東京、千歳空港のジェラート価格がとても高く感じます。

ジェラートの聖地へ その3

  • 2019-03-11 (月)
  • お知らせ
  • 作成者:ハッピネスデーリィ

CIMG0456予約を入れておいたジェラート博物館の案内の女性は2ヶ国語対応でしたが、通訳の日本人女性はイタリア語での対応で完璧な通訳でした。ここはイタリアでの現代の観光スポットで人気急上昇なのです。隣接するジェラート店では、講師スタッフが毎日作り立てのジェラートを格安で食べれます。世界16ヶ国からジェラートを学びにこの地を訪れます。私にはその機会も若さもありませんでしたが、71歳の一人旅でこのジェラート大学を訪問できたことはスタッフと現地の方々に感謝あるのみです。「現場主義」の私はこの機会で全て訪問する事ができ2019年からのハッピネスデーリィへ応用させて頂きます。

ジェラートの聖地へ その2

  • 2019-03-06 (水)
  • お知らせ
  • 作成者:ハッピネスデーリィ

CIMG0465イタリア-ミラノ駅から特急でボローニァへ、切符は国内でネット購入し予約済でしたが、やっと列車に乗った途端「ここ5号車はレストラン列車になるので、皆さんは10号車へと言われて最後尾へ、不安は一気に膨らみメールでやりとりした通訳ガイドの方とは5号車が着いたら駅構内でとの事がまさか10号車とは、ボローニャ駅に着き最後尾の10号車から5号車を目指すと、向こうから手を振り女性の方が、ふーーやれやれ、私は苗字しか聞いておらず初対面、無事に会えてよかったーー。駅にはチャーターしてくれた車が(なんとベンツのワゴン者)おりカルピジャーニ博物館へと向かい30分程で到着、以前は工場だった所を長年の夢を叶えて博物館に、現在はイタリアでも大人気のスポットだそうです。30年前にジェラート店を開店させましたが、その際に学んだ歴史と背景がピッタリでとても嬉しくなりました。感動したのは、結婚した時に札幌の映画館で見た「ローマの休日」の一場面-ホテルを抜け出して新聞記者とローマ市内を自由に歩いた僅か1日の間にローマ市内のトレビの泉にあるジェラートを売っている屋台風のお店「gerati?」と差し出したジェラートを石畳に腰かけて美味しく食べるシーンに出てくる移動式のジェラート販売台が展示!!現在、イタリアでは使われていないのですが、近隣の国では健在で容器の周りに氷と塩を入れてアイスクリームを販売しています。ジェラート大学は世界中から生徒がきており初級、中級、上級、マスタークラスで各1週間づつで授業内容は私にもわかりました。教師に日本人女性がおり中心的に活動しています。日本からも毎年のようにツアーが組まれ多くのジェラテレーゼが誕生しています。

ホーム > お知らせ

RSS Feed

Return to page top