Home > ハッピネス通信

ハッピネス通信

池田ワイン城50周年&ドリカム35周年コラボはハッピネスデーリィがお薦め!!

2024年7月6日(土)7日(日)の2日間、池田町は5,800人の町に多くの方が来町する予定です。

町民へのPRは少なく詳細は不詳ですが、現時点でのWebから2日間は一般客はワイン城へは近寄れません。周辺の道路は通行止めで駐車場は全て有料となり、事前にチケットの購入者のみがネットで駐車料金を支払った者のみが駐車券提示で駐車が可能となり、ワイン城へは事前予約し入場券を取得し、現地で腕に巻く許可証提示者のみが入場可能で、飲食と飲料は持込不可で飲食は会場内のブースで、飲料は会場内のサント○○のブースで購入し、ドリカム等の画像を撮影は不可で、発見者は機器の没収となる旨が注意事項に記載されています。タンシー、一般観光客のバスも一切不可となり、JRで駅に着いてもワイン城へは入れません。

池田町は50周年記念に2,300万円の予算を組んでいますが何に使われるのでしょうか?

7月6.7日の2日間、池田町へお越しの一般の方はハッピネスデーリィお越しください。お待ちしております。

納税から2週間ほどで届きます!!

北海道-池田町への「ふるさと納税」頂き厚くお礼申し上げます。

4月10日現在、納税から2週間ほどで宅配が可能です。

ご利用をお待ちしております。

28年ぶりのソフトヨーグルト登場!!

30年前の1994年、アメリカ-ペンシルバニア州アダムスの酪農家を訪問しました。

ファミリーと親族で酪農を経営していて、奥さんが工房にて焼き菓子を作りファーマーズマーケットで販売しているという本の記事を見て訪問しました。

成田からデトロイト経由ハリスバーグ行きで乗り継ぎのデトロイト空港で見た光景に唖然としたのです。

延々と続く行列はT.C.B.Yというソフトヨーグルトのお店でした。アメリカで流行るということはいずれ日本でも人気が来る!!!と早とちりでソフトヨーグルトの製造と販売を開始!

ところが、ところが…ソフトクリームは人気だがソフトヨーグルトは不人気で…僅か2年で撤退したのですが、ものすごく気に入ってくれた方もおり、近年は「あの味をもう一度!!」と言う声が聞かれ、2024年のオープンイベントに2日間限定で復活した次第です。

現在、アメリカの全てのマクドナルドにてT.C.B.Yのソフトヨーグルトが人気です。

ヨーグルトは自家製でネットにて米国から輸入したY-5(ビヒズス菌を含む5種類のヨーグルト菌)で作りますのでお試し下さい。soft (3)

1 / 7112345...102030...最後 »

ホーム > ハッピネス通信

Return to page top