Home > ハッピネス通信

ハッピネス通信

シルク(絹)のような生ソフトクリーム!

1年かかってソフトクリームの製造機の部品を最新式に交換しました。

コロナの影響?とかでイタリアから輸入が遅れました。攪拌・搔き出しに使用するビーターとセンタービーターからなるセット物でステンレス製でしたが、刃の部分が強度プラスチックで外壁にピッタリで、掻き出しが100%で仕上がりの生ソフトクリームは安定したオーバーラン(空気含有率)でシルク(絹)のような繊細で舌触りが柔らかく安定した味わいになります。直径15cm長さ50cmの2個の部品で軽自動車が買えそうです。

生ソフトクリームは成分的には8.5%以上の乳脂肪分があるアイスクリームで、バッチ式(径30cm)の中で約10分間原料を攪拌冷却して作り上げるアイスクリームに比べて、生ソフトクリームは原料ミックスをギアーポンプを使用して数秒間で攪拌・冷却・オーバーランまで連続して作り上げるのです。

「ふるさと納税返礼品」の配送状況は、納税を頂いてから2ヶ月の時間を頂いています。10月末で店舗は冬期休業に入り、「ふるさと納税」に特化した作業体制に入りますので、池田町への納税をどうぞよろしくお願い致します。

ヒュッゲの会 第11講「ピクルスアカデミー」

10月9日(土)午前11時~午後12時 場所:池田ワイン城2階コミュニティ広場

定員10名 参加費@1,000円

内容:ピクルスについて、開発の経緯、試作のお話、2種類のピクルスについて、昆布のお話、うずら卵のお話等

試食:ピクルスをお供に和食(かつおぶしおにぎり)洋食(スイスパン)との相性、ピクルス液とマヨネーズでペースト作り

お土産:ピクルス2種類各1本づつ

お申込みは:いけだワイン城015-578-7850まで

<栗花>試食待ち!!

池田ワイン城のレストランが町営だった時に使用された超高級皿(NIKKO COMPANY JAPAN FINE BONE CHINA)が払下げられた時に、三種類50枚ほど購入しました。

パスタ8種類を20年間メニュー化していましたが、廃止後この皿を使うことはありませんでした。

今回、お好きなジェラートをこの皿に盛り、熊本県球磨産の和栗100%ペーストをモンブラン風に<花>をイメージして盛り付けての提供を計画しています。

期間は10月末まででドリンクがセット(illy coffee、コカ・コーラ、アップルジユース、オレンジジュース、ウーロン茶)

現在、熊本からペーストが届き次第、試食と盛付の練習です。期待度---大!!栗

1 / 6012345...102030...最後 »

ホーム > ハッピネス通信

RSS Feed
Count per Day
  • 783008総閲覧数:
  • 0オンライン中:
  • 2001年4月1日カウント開始日:

Return to page top