Home > ハッピネス通信

ハッピネス通信

「ふるさと納税」ピザの製造遅れについて

namaka-s1先の、胆振地方の大地震により厚真、安平、札幌を中心に大被害が発生しております。

弊社では、販売とピザ用に安平(あびら)町の(有)夢民社様のカマンベールチーズをOEM生産して頂いております。

地震後、在庫がなくなり工場では停電が3日間、断水が1週間続き復帰後は機械機器の保守点検、試運転後製造を開始していますがカマンベールチーズは白かびを植え付けて1ヶ月間の熟成が必要です。ハッピネスデーリィではカマンベールチーズの熟成完了後の入手となり、それ以降にピザに製造にはいります。

いま暫くのお時間がかかりますので、ピザの発送お届はお待ち頂きます様お願い致します。

「ふるさと納税嶋木牧場生乳プリン12本組」9月から受付

嶋木牧場生乳プリン9月1日から、北海道池田町の「ふるさと納税」返礼品として10,000円コースに嶋木牧場生乳プリン12本組が新アップされます。

嶋木牧場の生乳に、十勝産の45%生クリームと竹内養鶏場産の「こめいろゆめたまご」の卵黄使用で、北海道米をエサとした卵黄は淡いオレンジ色で、プリンの仕上がりは雪のように真っ白です。卵黄のコクと安定性は抜群。10年も前に、プリンブームの終盤に商品化、直ぐにブームが去り、あれほどあったプリンメーカーも倒産、事業縮小、生産縮小と続きましたが、「嶋木牧場生乳プリン」は多くの方に支持されて定番商品となりました。

「ふるさと納税」では意外とプリンの返礼品は少ないのです。弊社では、冷凍は一切行わず製造日に冷蔵クール便にて出荷しております。北海道物産展及び大手のプリンでは、多くの業者が製造後に冷凍し輸送後冷蔵解凍しチルド販売しています。

池田町の「ふるさと納税」をよろしくお願い致します。

ET

ナナET(Embroy Transpher)雄子牛の角取りをしました。世界でも優れた両親牛(米国)の受精卵をハッピネスのお母さん牛に移植させ、雌牛が生まれたらハッピネスの牛群にて搾乳し、雄牛が生まれたら家畜改良事業団で買上げられて後代検定を行い、優秀であれば種牛として国内で広く使われます。(玉玉)がぶらりとぶら下がってとってもかわいい。2ヶ月なので角も5mm程度で出血もなし。良い成績を出して広く国内で活躍してほしいです。ちなみに、この牛の名前には「ハッピネス」がついています。がんばれーーー

ホーム > ハッピネス通信

RSS Feed

Return to page top