Home > ハッピネス通信

ハッピネス通信

「ふるさと納税」についてのお願い

!cid_69C3CBBD-1626-407A-B25C-84E87F9AAAA9日頃、北海道-池田町への「ふるさと納税」頂き有難く感謝申し上げます。

毎月、上期-下期と2回に分けて発注書が池田町役場より届き、印刷したヤマト伝票(有効期限1ヶ月)が届き、届いた順に荷造り発送しております。

小さな問題ですが、毎月上期-下期初めに納税頂いた方の発送伝票はこの時点で半月から1ヶ月弱の日数が経過しております。

いつの頃からか(2ヶ月ルールなるものがあり…)ほぼこの期間での発送は行っておりますが、10月以降年末にかけては通常の3~5倍量となり、夏場のお中元時期はヤマト運輸の1日当りの受入数の限定等で送る事ができず遅れているのが現実です。

順調に発送はこなせておりますが、どうしても「早く」「この日この時間に」という納税は池田町の別商品に振り替えるか、他市町村への納税にてお願いします。

ハッピネスデーリィの生ソフトクリーム以外の「ふるさと納税」対象品はこの限りではなく、早めの発送が可能ですのでご検討頂けるとありがたいです。どうぞよろしくお願い致します。 スタッフ一同

採択!!

ジェラートユニバーシティ正面2019年度 十勝財団が公募していた「十勝人チャレンジ支援事業」に採択されました。

補助対象事業名「世界でトップのジェラート技術を十勝へ移植」でハッピネスデーリィの若い社員3名での採択です。

予定では11月03日~13日の10日間、イタリア-ボローニャを中心としてジェラートユニバーシティでの授業と実演で4件の主要項目をこなし、ボローニャとミラノでの人気ジェラテリアを訪問します。企画はハッピネスデーリィですが、現地のコーディネイトは現地在住の日本人の2人の方々で、本年2月に嶋木が単独でスイスからボローニャに入りジェラート博物館とマンマレストラン等でお世話になった方です。街全体が世界遺産に認定されているボローニャで、大聖堂に入り願い事をしてきました。

ジェラートユニバーシティはイタリアの新しい観光のスポットとして人気沸騰で、世界30ヶ国以上からジェラートを学びにきます。日本人女性1名を含む6名の教授陣と最新の機器で授業と実践が行われます。2000年を超えるジェラートの歴史が楽しめる博物館と毎日作り立てのジェラートが1種類1€なのです。ハッピネスデーリィの希望に合わせた授業カリキュラムが組まれ、その成果を十勝に移植します。

田舎の小さな会社の取り組みを応援して下さい。

JAL国際線ファーストクラスで使用中!!

6.7.8月の3ヶ月間、成田・羽田発のJAL全路線ファーストクラスで「森のカムイ」がチーズプラトーに使用されています。

国内産の5種類のチーズの組合せで「森のカムイ」は4度目の採用です。

周りで誰もファーストクラスに搭乗した方がいないので感想が聞けません。

店舗では「森のカムイ」不定形が購入できますのでお楽しみください。

ホーム > ハッピネス通信

Return to page top