Home > ハッピネス通信 > 「フードバンク」への取組

「フードバンク」への取組

CIMG06062020年4月1日から店舗の営業が再開されます。営業期間は10月31日までの8ヶ月間。

ハッピネスデーリィの新規取組として「ジェラートのフードバンク」を実施します。

お手本は、2019年11月にイタリア・ボローニャにあるジェラートユニバーシティでの取組です。

ここでは、世界30ヶ国からのジェラート授業の生徒を受け入れており、連日座学と実演がカリキュラムにあります。

生徒さんが試作したジェラートは翌日の午後は試食用と品質の変化をみるためにショーケースにありますが、翌日には全てありません。全量、容器に入れられて希望の学校、施設等に無料で引き取られていきます。基本は製造から30時間でのフードバンクとなっています。

ハッピネスデーリィでは、夏期間はほとんどが翌日夕方までに消費されますが、春秋の寒い日とか台風襲来とかで2日間を経過したものはタッパー又はカップに入れて社員、パートが無料で自由に持ち帰って食べていました。この他にも乳飲料、プリン等も賞味期限まじかで店頭から下げられた商品も同様です。小さな会社なので消費にも限界があり、今回のジェラートユニバーシティでの取組を参考に以下の要領にて取組致します。

作ってから48時間経過したジェラートは4リットルバットに順次詰められ、満杯になりましたらご希望の施設、学校等へ無料でお渡しします。

引き取りに来られる方のみ対応します。

十勝管内限定で、先生生徒が50人以下の小規模学校、50名以下の福祉施設・病院、その他

お申し込みは電話、FAXにて 4リットル溜まりましたらご連絡致します。

販売品ではないので食品衛生法による表示はありません。

アレルゲン表示はありませんが①乳②卵③小麦④ごま⑤カシューナッツ⑥りんご等が混入されていますのでご注意下さい。

引き渡しは不定期でお申し込み順となります。

4リットルの1バットで@100mlとして約40個(人)分です。

1回のお申し込みで最多2バット(8リットル)までお渡しできます。

初めての試みなので、やりながら良い方向へと修正します。

 

Home > ハッピネス通信 > 「フードバンク」への取組

Return to page top

「フードバンク」への取組 - 特製アイスとチーズの店★ハッピネスデーリィ★