Home > ハッピネス通信 > HAL農業賞受賞!

HAL農業賞受賞!

2e1c3aae人生70歳にして受賞しました。

とても嬉しい賞です。その名はHAL農業賞(Hokkaido Agriculture Labolatory)で道内で3名が受賞!

1月26日に札幌全日空ホテルにて受賞式。賞金は全社員、パートに金一封と8月に「夏のスイスツアー」に使わせて頂きます。

私は、25歳の時に初めてアメリカ、カナダの酪農風景を見て大きな憧れから酪農経営に邁進しました。縁あって35歳の時にワシントン州セントラリアのレプレカン牧場にて短期研修、38歳の時に偶然出会ったワシントン州リンデンにあるエダリンデーリィをモデルに1990年にハッピネスデーリィを起業し現在に至っております。もう30年にもなりますが、この経緯を高く評価して頂きました。

北海道では酪農家の離農が加速しています。規模拡大で出荷乳量は維持できていますが、その投資額が半端ではなく一人当たりの投資額が5億円とか、ふん尿処理で発電まですると50億円とか、人手が足りずモンゴル、中国、ベトナム、フィリピン、タイなどからの研修生頼み、近くの町の農協では組合員一戸あたり2億円の貯金がありながら、「まだ足りない」とか。

車で北海道の田舎を巡ってみてください。農家の廃屋の多さと、大きな建物は学校の廃校で凄まじい風景です。

小国スイスへ3月、12月と訪れましたが、その美しさと小さな農家が無数にあり、離農廃屋が見当たらないのが不思議なのです。どなたか、その理由をお知らせ下さるとありがたいのですが。

賞金にて、スイスの夏風景と1,000年続く農業風景と生産の現場を訪問します。残りの人生の指標になる筈です。

同行者は、アメリカオレゴン州とスイスへ行った中谷さんという変わり者(フツーーの人は私とは行かない)

Home > ハッピネス通信 > HAL農業賞受賞!

Return to page top

HAL農業賞受賞! - 特製アイスとチーズの店★ハッピネスデーリィ★