Home > ハッピネス通信 > スイスメニュー第2弾!「レシュティ」

スイスメニュー第2弾!「レシュティ」

日本の九州ほどの面積に4っつの言語があり、地方に行くとそれが交差しなまりもあって英語が通用しない小国スイス。一人あたりの国民総生産額が世界第4位(日本は12位)のスイスに気が引かれています。時計学校があったりチーズ学校があったり。このフランス語圏のチーズ学校の「ラクレット製法」がハッピネスデーリィのチーズ製造の原点なのです。70社を超える鉄道会社があり、今もってレールの敷設は伸びる一方なのです。
日本食という世界遺産の話題になる文化がありますが、私の技量では入っていけません。「ラクレットチーズ」を主とした食の取り組みを今年6月から始め、ラクレットピザを第1弾にし大好評となりました。第2弾はレストランとしてのチーズ利用です。チーズの食文化は日本には乏しいのです。チーズの歴史と食文化の歴史が浅いのです。
数百年続いている「アルペンマカロニ」をアレンジして「ラクレットソースのアルペンパスタ」を7月から提供し、定番メニューとなりました。11月のチーズの日に合わせてスイスメニュー第2弾!「レシュティ」のリリースを予定しています。
道産じゃがいもをスライス又は千切りにしてカットベーコンを混ぜバターにて熱します。味付けは塩、ブラックペッパー、カルダモンパウダーでカリッとなったらまあるい容器に移し、皿に逆さに盛ります。きれいなドーム型になりアツアツの上にシュレッドチーズをタップリと。チーズそのままか、いもの熱で溶けたチーズをいもとからめて食べます。トッピングは緑の色合いでパセリを。
現在、用途に合ったじゃがいもの入荷待ち。
きれいにおいしくできればいいなーーー。 しまき800px-Roesti_with_parsley_garnish

Home > ハッピネス通信 > スイスメニュー第2弾!「レシュティ」

RSS Feed

Return to page top

スイスメニュー第2弾!「レシュティ」 - 特製アイスとチーズの店★ハッピネスデーリィ★